YouTubeの動画編集を最短で学ぶ!

動画編集者の収入はどれくらい?

こんにちは、生ハム帝国です。

大学生の頃から動画編集を始め、現在は動画編集や情報発信で生計を立てています。

今回は

BUTA

動画編集者になったら収入はどれくらいになるのかな…?単価はいくらくらいなんだろう。

という疑問を解決していきます。

YouTube系動画編集者の収入

YouTuberの動画編集をメインに請け負う場合、その月収は大体20~50万円くらいが天井になると言われています。

僕が動画編集のみで稼いでいた時も大体それくらいで、大学4年生の時に月32万円稼ぎました。(それ以降はこのブログなど、動画編集以外の収入も増えたのでノーカンです。)

YouTube系の案件は比較的単価が低く、作業時間もかかるので、やはり動画編集のみとなると20~50万円くらいに落ち着くと思います。

ちなみに僕が動画編集始めたての頃の記事はこちら。執筆当時は月10万円くらいでしたが、大学生だったのでかなり喜んでます笑。
フリー動画編集者の10月の収入を公開

YouTubeの動画編集の単価は?

1本あたりの単価は5000円~20000円ほどだと言われています。結構幅広いですよね。

  • 5000円:テロップ入れのみorカットのみ
  • 5000円~2万円:ビジネス系など簡単な編集
  • 1万円~2万円:エンタメ系など時間がかかる編集

僕が考えている相場はこんな感じ。

テロップ入れだけの作業であればすぐに終わるので5000円を下回ることもあります。逆に、尺が長く時間のかかる編集内容であれば20000円を超えることもあります。(動画の尺ごとに細かく単価設定している制作会社が多い。)

例えばモザイク入れはかなり大変で時間もかかるので場合によっては追加で料金を頂くようにしています。

広告動画なら単価が跳ね上がる

意外かもしれませんが、動画編集って市場が変わるだけで単価が前後するんですよね。

例えば広告動画の案件は特別秀でた編集スキルが必要な訳ではありませんが、単価がYouTube編集の数倍に跳ね上がります。

なぜかというと、クライアントから見て、得られる利益が格段に高いからです。

僕がインタビューした方は、動画編集を講座で勉強してから1ヶ月ほどで広告動画の案件に着手。月50万円稼げるようになりました。

広告動画の編集で時給1万円を超えた件

動画編集で正社員になると収入が下がります

多くの人は会社員になり安定を求めるかもしれませんが、動画編集で会社員になるのは悪手だと思います。

  • 低賃金
  • 残業続き
  • 残業代なし

こんなのが割と当たり前だからです。これはスキルレベルに関係なく、映像系の正社員になると必ず劣悪な労働環境になってしまいます。

正社員の年収は平均400万円

ちなみに動画編集で正社員になる場合、平均年収は400万円ほど。ホワイトな働き方でこれならまだ許容範囲内ですが、実際そうではないみたいなので正社員は避けるべきだと思います。

勿論、かなり追い込まれる環境の中での労働なのでスキルレベルを短時間であげることはできるかもしれません。

高収入な動画編集者の特徴

フリーランス動画編集者として大きく稼ぐ人には総じて「高い行動力と自己肯定感」があります。

例えばクラウドソーシングサイトには低単価案件から高単価案件まで幅広く募集がありますが、高単価案件ほど募集数が少なく競争がありません。

なぜそんな状態になっているかというと、みんな自信がないからです。「高単価=高い編集スキルが求められる」。だから自分には出来ないと考えて手を出せないんですよね。

実際にどの程度のレベルが求められるかは蓋を開けてみないと分からないのに、です。このバイアスに気付きそれを自分で取り除ける人は強い。当然稼げます。

動画編集者が単価を上げる方法

行動ハードルを下げる楽観的思想

一方で、高収入を上げる方には遠慮の心もマインドブロックもありません。「別にミスっても死なないしな」くらいの気持ちで挑んでいます。

この考え方はちょっと外国ぽいというか日本人には馴染みがない楽観的な思想だと思いますが、行動出来ていない自覚がある方は楽観思想を取り込みましょう。