テイコクザッシ

学生×フリー動画編集者のゆるゆる人生攻略

ブラック部活の犯人は〇〇だった。

f:id:nhamuteikoku:20180823004541p:plain

 

こんにちは、生ハム帝国(@namhamuteikoku)です!

 

ここ数年ブラック〇〇という単語の種類が増えている気がしますが、最近ではブラック部活なんていう単語が発現しました。

私も学生当時は部活動に所属していたわけですが、当時はブラックだなんて全く思っていませんでした。(ただキツイだけだと感じていた)

が、今改めて考えてみると私は歪んだ部活環境に侵された人間の一人でした。

(気合いを入れるために坊主頭にさせられたりしてたw)

 当時を振り返ると…

私は中学から高校の間、母の意向(「男は運動部。あなたは集団競技で協調性を身に漬つけなさい!」)で運動部に入ることを強制されていたのですが、嫌々でしたのでやる気なんてものはありませんでした。

美術の課題を優先したり、塾のために必要以上に早めに切り上げるなど、何かと理由をつけて部活をサボる(優先しない)日々を送っていた生徒。

そんな生徒、当然先生には良い目で見られませんし他の部員もよく思っていなかったでしょう。先輩に嫌味を言われたこともありました。

後ろめたさを感じながらも部活をサボる毎日を過ごしていたわけですがストレスは溜まっていく一方。

次第に私の中の何かが限界値を突破し、気付けば部活に行けない(本当に気分が悪くなる)体になっていました。

毎週土日になるとかかってくる同級生からの電話(部活に来いという旨)が怖かったのを今でも覚えています。

私は本当におかしくなっていたのでさすがに辞めさせてもらえることになりました。

その後も例によって母の意向により別の運動部に入るのですが、その部はゆるく自由な傾向にあり、高校でも同種の部活を選んだ私はなあなあな学生生活を過ごすことができました…

事件の犯人 

めでたしめでたしという訳にはいかないので、この一連の事件の犯人をあげて挙げたいと思います!

  • 部活動に教育を求める母親
     
    部活で協調性は身につかないだろw
  • 部活を優先しないといけない空気感

    誰に迷惑をかけてるわけでもないんだから好きなことを優先すべきだと思う。部活動は決して偉くない。
  • 自分だけ苦労するのを許せない部員の心理

    まぁ分かる。人が楽してるの見ると腹立つのはよくある心理です。大人でもよくある。
  • 入らないと内申点に響くという学校側の実質的な脅

    意味が分からない。これが諸悪の根源なのかもしれない。部活優先の空気感はこいつが作ったのかもしれない。

 

解決策として

部活動は全て廃止、スポーツをしたい人は外部のクラブで活動するスタイルにするのが1番簡単で効果が見込めそうです。突飛な発言のように見えるかもしれませんがこれが割と現実的だったり。

あと聞き入れの悪い親には反抗して自分がペットではないことを分からせましょう!

今なら分かるのですが、部活なんて勝手に辞めてしまっても大丈夫ですw

人の価値観を変えるのは難しいですからね。

 

 

まとめ

度を越えた練習時間や規則などが一般的なイメージとされ、犯人は監督であることが多いブラック部活ですが、今回は自身の体験も踏まえて別の方向性から考察しました。

 スポーツはあくまで娯楽であってほしい。
そんなことを思う夏の終わりでした。