テイコクザッシ

学生×フリー動画編集者のゆるゆる人生攻略

Adobe CCを安く買う裏技で半額以下に!

Creative cloudの値段を安くしたい女性

Adobe Creative Cloudの契約には裏技がある…!

こんにちは、フリー動画編集者の生ハム帝国です。

 

Adobeのライセンス料ってまぁ高いですよね。でも使わない訳にはいかないし…安くならないかな…

 

そんな方にオススメなのが、通信講座を使って学生になる方法です。

結論から言うと、ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信 に申し込むと全て解決します。

 

これからその理由やメリットについても詳しく説明していきたいと思います。

ちなみに今回紹介するのは社会人が出来る裏技。

社会人がAdobe CCを安く買う方法

Adobe CCは学生なら社会人の2倍安い 

まずはこの画像を見てください。これはAdobeの公式ホームページから抜粋してきたものです。

Creative cloudの学生と社会人の料金の違い

上記の画像を見ての通り、コンプリートプランの利用料学生で年間2.5万円(税込)。学生以外だと年間6.5万円(税込)もかかります。

 

学生じゃなくなっただけでなんと2倍以上も値段が跳ね上がってしまうんですよね。世知辛い世の中です。Adobeの公式もたまにキャンペーンで20%OFFになることがあるんですけど、それでも最安ではないんですよね。

というか、Adobeのホームページから買うのが一番高い。

 

「学生になればいいんじゃね?」

そう、今回紹介する「AdobeCCを安くする裏技」というのは、学生になるという一休さん的解決方法です!そこで必要になってくるのが学校。今回は、「ヒューマンアカデミーのたのまな」というオンラインスクールについて紹介していこうと思います。

 

オンラインスクール「たのまな」とは?

AdobeのCreative cloudを半額にできるたのまな

たのまなは語学から、ネイル、医療まで様々な分野を網羅した巨大マンモススクール。今回紹介するのはAdobeの通信講座ですが、それ以外には通学講座などがあり、かなり充実しています。

 

ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信 は、その名の通りオンラインスクールなので、ネット環境さえあればどこでもストリーミング動画で通信講座を受けることができます。

 

 

たのまなのアドビソフトウェア通信を受けると、

料金は通信講座+Creative cloudの利用料(1年間)を合わせて税込み29800円になります。仮に社会人がAdobeの公式サイトで購入すると税込み64540円なので、約3万円以上もお得に。

 

ちなみに、Adobe Creative cloudを年間契約で申し込む場合は郵送でコードが、3年契約の場合はメールでコードが送られてきます。そのコードを打ち込めばCreative cloudを期間内、学生料金で使うことができます。

 

他には課題の添削サービスなんかもあります。ソフトを安く使うことだけが目的の人にとってはおまけ程度に考えるかもしれませんが、まだ知識のない初学者にとってはかなり心強いのではないでしょうか。

 

 

お得になった上に講座も見れるってスゴ。笑

仮に通信講座を一切利用しなかったとしても、かなりの恩恵があると思います。

 

▼たのまなのサイトはコチラ▼

 

なぜこんなに安くAdobeソフトを使えるかというと、先ほどちらっと言ったAdobeのスク―ルパートナ制度のおかげです。

 

Adobe スクールパートナープログラムとは

AdobeCCが安くなっている理由のAdobeパートナープログラム

製品の使い方を学びたいビギナーから、スキルを習得しキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラム。受講者向けに、学生・教職員個人版をトレーニングコースとパッケージにして提供が可能です。 -Adobe公式サイトより-

 

なるほど、「たのまな」はこのプログラムに参加することで、特典である受講者向け特別価格版の販売が可能になっているんですね。

Adobeが提示する条件の中に、「必ず講座とソフトをセットで販売しないといけない」という制約があるみたいです。だから講座分若干高くなっているのか~。

 

ちなみに、そのスクールパートナープログラムには三段階、上から順にプラチナパートナー、ゴールドパートナー、シルバーパートナーというものがありますが、たのまなは一番上のプラチナパートナーに認定されています。

ヒューマンアカデミー たのまなの通信講座はプラチナスクールパートナーに認定

要は、Adobeから認定を受けているちゃんとしたスクールだということです。これは信頼性の担保にもなりますね。

 

 

詳しくスクールパートナー制度を知りたい方はコチラ▼

まとめ:社会人には「たのまな」がおすすめ!

 Adobe CCの利用料金を抑えられる上に、講座も受けられるってかなりコスパ良いと思うんですよね。社会人ならこの選択以外ないんじゃないかってくらいに。

学生でも自分で映像やデザインの勉強をするのが難しいと感じる方はたのまながおすすめです。自己流で進めるよりは圧倒的に成長が早くなると思います。

 

おまけ:デジハリも安い!

この記事を書くまで知らなかったのですが、たのまなの「通信講座+AdobeCC12か月利用で29800円」はあくまで期間限定みたいですね。定期的にキャンペーンは開催されますが、常時ではありません。

また次のキャンペーンを待つのもいいんですけど、デジハリならいつでも29800円になるのでオススメです。