テイコクザッシ

学生×フリー動画編集者のゆるゆる人生攻略

ブログ初心者がSEOやデザインでぶつかった疑問とその答えまとめ

SEOでの疑問が止まらない男性

 


こんにちは、SEO研究生、生ハム帝国です。

実はこのブログ自体は開設してから1年ほど経ってはいるのですが真面目に始めたのは最近なので実質2か月くらいのブロガーです。

 

SEOにまつわる疑問

SEOに対する疑問を身体で表現している人
日記的にブログを書いていた頃には生まれなかった疑問がどんどん生まれる日々。それらの疑問と調べて分かった答えを1つずつ備忘録的にまとめていきたいと思います。

疑問1 はてなブログProにすべきか

最初はお金がかかることに関して渋っていた私ですが現在ははてなProを使用しています。

デザインから広告まで、出来ることが全然違うんですよね。本当に日記的な使い方をする方以外の人はProにするべきだと思いました。

例えば、ヘッダーのHatena Blog ○○○○を隠したり。これはデザインCSSいじったらはてなProじゃなくても消せるんですけどね。

1番大事なのはスマホデザインを細かくいじれるようになることですね。結局皆が使ってるのはスマホなのでスマホデザインをおろそかするわけにはいきません。

 レスポンシブか非レスポンシブか。この辺もProか否かで重要な問題なのでまとめました。

www.namahamuteikoku.com

 

疑問2 どこまでカスタマイズすべきか

私も陥りかけていたのですが、デザインってこだわり出すとキリがないです。「デザイン程々記事量産」なんてことわざもあるくらいです。確かに、記事作成しないと何も始まらないですからね。

どこでカスタマイズを終えればいいのか分からない人は好きなブログのデザインをそのまんまパクったらいいと思いますよ。

着地点を定めるといいですね。

疑問3 記事を量産すべきか

私が参考にしているブロガーは皆「記事を書きまくれ」と言います。最初、これは数打ちゃ当たる理論なのかなと私は解釈していました。

多分それもそうなのですが、大事なのは記事の書き方を覚えることなのかなと思います。

最初から完璧な記事を書こうとするとどん詰まりに。どんどん記事を書いていかないとライティングスキルが身につかないだけではなく、”気づき”が減ってしまいます。

私はいい記事を書くことを意識しすぎたら何も思い浮かばなくなってしまったので、今はとりあえず記事を書くことにしています。

自分で宣言することも大事らしいのでとりあえず緩く宣言してみた

 

www.namahamuteikoku.com

 

疑問4 画像を多用すべきか

ブログって大体1つの記事の中で複数枚の画像が使われていますよね。見出しのすぐ後に貼るのが一般的なのかなと思います。

でも見出し毎に画像を貼るのはくどい。実際、そういう記事はあまり見かけませんしね。なので私は記事の最初と、目立たせたい見出しの下に画像を貼ることにしました。

※画像がたくさんあった方が分かりやすいレビュー系記事は例外です。

疑問5 サイトの表示速度は重要か

ブログを開いた時にページの表示に時間がかかるのですが、それをGoogleは評価基準に考えているという声があります。

PageSpeed Insights

私はこのサイトを使って参考にしているブロガーの表示速度と自分のサイトの表示速度を比べてみました。

f:id:nhamuteikoku:20181005172121p:plain

モバイルのページ速度はまだデートが少なくて利用できないとのこと。

最適化は99/100なのでとりあえず大丈夫そう?

パソコンの方も速度は分かりません。。が最適化がLowで31/100しかできてない!まじか…私のサイト…最適化されてなさすぎ…

 

と思うじゃん?でもこれそんなにヤバいってわけでもないんですよね。

ブログで飯食ってる人を何人か対象に表示速度を図ってみたんですけど、大体みんな最適化の部分はLowになってました。

表示速度をあげるために余計な動作エフェクトはそぎ落とすべきなのかなとか考えたりもしたんですけど、意外と必要なさそう。

 

そもそもSEOっていうのはサイト運営者のためにあるのではなく、ユーザーが良いコンテンツに出会いやすいようにするためのものですよね。

「表示速度が速い=良質なコンテンツ」にはならないですよね。「表示速度がめちゃ遅い=質の悪いコンテンツ」と判断するならまだ分かります。

なので表示速度が速ければ速いほど検索上位に掲載されるという訳ではないのだと思います。

 

疑問6 ジャンルを特化すべきか

ユーザー側の視点から見ると、ブログは特化型である程度テーマが絞られている方が見易いと思います。回遊率も上がるはず。

ただ、いきなり特化型ブログを初心者がやるのは無理があると思います。

すぐにネタ切れしてしまう可能性が高いからです。

でもネタ切れしたからってアイデアが浮かぶまで何もしないとスキルが伸びにくくなってしまいます。

 

完全に特化してテーマを絞っているブログは伸びやすいかもしれませんが、周りを見渡してみると意外にもそうしたブログは見つかりません。

 

例えば、現役フリーランスのプログラマーというポジションからプログラミングの学び方や学校の紹介などをメインにしているブログがありますが、そのブログではプログラミングと全く関係ないような記事もたくさんあります。

例えば、財布のレビューやリュックのレビューです。あとは旅行先のレビューとか。色んなこと書いてもいいみたいですね。

ただ、主軸であるプログラミングの記事数を雑記記事が超えてはいないし、ヘッダーのグローバルメニューでは主軸としているジャンルを一番左に置いて目立つようにしていますね。

当ブログテイコクザッシではとりあえず今の所は動画編集の仕事に関する記事をメインにしています。

疑問7 なぜ「w」を使わないのか

割とどうでもいい疑問かもしれませんが、私が読んできたブログではなぜか「w」が使われていません。どういう意味かと言うと、語尾で笑っていることを表現する時に「w」を入れないと云う意味です。

その代りに使われているのが「笑」。

私の中ではもう古い物という認識なのですがブログをやる層の間ではこれが一般的なのかな?完全に憶測ですが文章から感じるイメージが悪いのかもしれません。

まとめ

もっとあったような気もするけどとりあえず7つ。

他に疑問が生まれたらまたここにまとめて追加していきたいと思います。