テイコクザッシ

学生×フリー動画編集者のゆるゆる人生攻略

業界別!動画編集ソフトのおすすめをまとめてみた

テレビ業界の編集ソフト、YouTube業界の編集ソフト、映画業界の編集ソフト

こんにちは、フリー動画編集者の生ハム帝国です。

僕は普段PremiereProで動画を編集しているのですが、動画編集始めたてはiMovieで編集していました。

 

今回は

  • 動画編集の仕事をしてみたいけど何を使ったらいいいのか分からない
  • 編集ソフト多すぎぃ!

という疑問を解決していきたいと思います!

業界別オススメの動画編集ソフト

こっちを見ながら動画編集している女性

実は企業従属、フリーランスに関わらず使用ソフトというのはある程度決まっているもの。

それは

  • 共同編集する場合の互換性の問題
  • 指示を出す際の用語の違い

などが障害になってしまうからなんです。それでは早速まとめていきましょう。

テレビ業界の編集ソフト

テレビ業界で編集ソフトを使う女性アナウンサー

まずはテレビ業界から。

皆さんが普段慣れ親しんで観ている番組の制作では主に4種類のソフトが使われています。

PremierePro

Win/Mac問わず使うことができます。

テレビ番組では凝った装飾のテロップが多いと思いますが、それらのテロップはAdobeのPhotoshopで画像として作られています。

そのまま画像テロップをPremiereに貼り付けるのが楽なのでAdobe製ソフトでひとまとめに編集しているのだと思います。

 

Premiere、Photoshop、illustratorなどすべてのソフトをひとまとめに使用するプランは法人で年間6万円。学生の場合は年間2万円となってます。

制作会社で働く場合は会社負担なのであまり値段は関係ないかもしれませんが、フリーの場合は痛い出費になるかもしれません(経費にはできる)。

FinalCutPro

こちらはMac専用の動画編集ソフト。

  • 直観的に操作することができるので慣れるまでに時間がかからない
  • 効果音などのエフェクトが最初からソフトに入っている

など比較的初心者に優しいソフトです。

 

約3万円と、一見高価なように見えますが買い切り型なので長い目で見るとAdobeより圧倒的に安くなりますね。

MacユーザーはFinal Cut Proを使っている人が多いようですが、必然的にApple製品に縛られるので使用人口は少な目。

EDIUS

Win/Mac問わず使える動画編集ソフトです。買い切りで約6万円。

使っている人が少ないみたいなので名前も聞いたことがない人が多いんじゃないでしょうか。

  • 重たい動画
  • 低スペックなPC

という環境でもサクサク編集することが可能となっています。

他のソフトに比べて軽いので編集速度が早いのが最大のメリットですね。スピードを重視した業界向けソフトという印象。

 

ちょっと重めなPremiereProを使っている身としては、とても魅力的なソフトです。

AVID

これもあまり馴染みがないソフトだと思います。

現在あまりテレビ業界では使われていないみたいですが、一応水曜日のダウンタウンで使われているようですね。

ちょっと話がそれますが公式サイトが重いのが最大の特徴です。

YouTube業界の編集ソフト

YouTube業界で使われている編集ソフトはこれだ!と言っている男性

あまり縛りがなく使用ソフトの自由がきくのがこの業界の特徴。クライアントから指定されない限り自分の好きなソフトを使っても大丈夫です。

PremierePro

私がやりとりしていたYouTuber動画の制作会社ではAdobeのPremireProが主流でした。

Adobeのコンプリートプランに入っているとPhotoshopやillustratorでクオリティの高いサムネイルを作れるのでオススメです。高いですけどね笑。

 

よりクオリティの高い動画を作る場合はAdobeのAftereffectが便利です。(基本的にこの業界の仕事では使わないと思うけど)

Aviutl

Win用の無料で使える編集ソフトです。一応Macでも使えますが推奨はしません。

ちなみに私は最初、趣味で使っていたAviutlをそのまま使って編集していました。映像編集だけではなく、画像編集もある程度できるのでサムネイル制作もAviutlでひとまとめに行っていました。

FinalCutPro

以前ヒカキンさんや瀬戸弘司さんなどの大物YouTuberはFinalCutProを使っていました。(現在はPremirePro)

最近出てきたYouTuberというよりは古参YouTuberが使っているイメージ。ラファエルさんの編集担当者はFinalCutProを使っているそうですね。

ただ、使っている人が多い以上、Premireを使っている方が色々と楽になるかと思います。

 

▼この記事でYouTuber業界について詳しく書いています!

 映画業界の編集ソフト

映画業界で使われている編集ソフトを教えてくれる女優

ワークフローごとに使うソフトが分かれていて、色々なソフトを使い分けるのがこの業界の特徴です。

 

PremiereProとかAfterEffects

映画業界は何となく特殊なイメージがありましたがそうでもないみたいですね。

PremireProについては前述したので省略します。

 

Aftereffectsはアニメーションを作ったり映像にエフェクトやCGをつけるためのソフトです。

Davinci Resolve

ブラックマジックデザインが開発・販売しているポストプロダクション用ソフトウェア。ポストプロダクションというのは放送や映像、映画などの撮影後の作業を指します。

YouTuberよりは映像クリエイター向けで、動画の編集とカラーコレクション等を行うことができます。無料版でもかなり充実した機能を備えているようですね。

無料のソフトとしては最強とまで言う方もいるくらい良いソフト。

Power Director

 

 

これは映画業界に詳しい人に直接聞いてみました。

 

その内追記していくとは思いますが、ちょっとこの業界についてはまだ知識不足なので箇条書きです。笑

 

まとめ

なんだかんだ高くてもAdobeのソフトがオールマイティに使えるということで多業界で重宝されているということが分かりました。

Adobe最高!(爆)