テイコクザッシ

フリー動画編集者のゆるゆる人生攻略

僕がYouTuberからブロガーになって変わったこと

YouTuberからブロガーになって変わったこと

こんにちは、学生映像クリエイターの生ハム帝国です。

僕は数か月前にYouTubeをプチ引退し、ブロガーになりました。このブログでは動画編集者として得た知識なんかを主に書いています。

 

最近YouTuberからブロガーになって、見た目や生活などの表面的な部分は何も変わっていないのですが、中身というか考え方が少し変わってきたように思います。

 

というのも、YouTubeをやっていた頃はとにかく面白い動画を作って、それを誰かに認められたらいいなという気持ちで活動していました。とはいえ再生数がとれないと毎回凹むし、アンチコメが来ても普通に凹む。趣味とは言え数字が全ての世界。

そして他人に厳しくなる。自分が上手くいっていないからか、すぐ人の動画や作品に難癖をつけてしまうんです。多分、そうしないと心が持たなかったんだと思います。「粗探しが趣味」みたいな。YouTube自体が悪いとかそういう訳では全くないんですけど、僕を取り巻く環境がそうさせていました。僕のタイムラインは人の粗探し専門評論家で溢れていました。

※YouTubeは完全に引退したというわけではなく、「たまに撮りたくなったら撮る」という自由なスタンスでたまにやっています。

 

僕がブロガーになって変わったのは主にメンタリティーの部分です。最初はTwitterを1つのアカウントでまとめていたんですけど、ある時にYouTube用とブログ用に分けてみたんですね。

今までフォロワーしてくれていた人は僕がブログ関連のことを呟いても反応がないし、多分興味がないんだと思ったからです。で、新しくブログ用のアカウントを作って、取り敢えず参考にしているブロガーのフォロワーを200人ほど自発フォローしてみました。

そうやってYouTube用アカウントのタイムラインとブログ用に作ったアカウントのタイムラインを見ると驚くほどに雰囲気が違うんですよね。雰囲気が違うこと自体は当然なんですけど、何が違うって、皆人の悪口を言わないんですよ。彼らは人のことをとやかく言う前にまず自分のやるべきことをやっているんです。

僕は結構人の粗を見つけるのが得意だったので、それまでのTwitterではそういうことばかり発言していました。「○○の動画はクソだな」みたいな。他の人もそんな感じやったし、何も思ってなかった。

でもこれは良くないことやなと思いました。見ている人がどう思うかというよりは、自身のためにならないなと。人の粗探しに費やす時間はどこまでも無駄でしかないし、何よりダサい。僕は人の悪口ばっか言ってるままオジサンにはなりたくないと思いました。

 

これは「YouTuberは悪口を言うけどブロガーは悪口言わない」みたいな極端なことを言っているんじゃなくて、単純に僕がTwitterアカウントを分けて思ったことです。

というわけで、現在の僕の思考はかなりブロガー寄りになっていると思います。でも、前の環境よりはよっぽどいいなと。今までと全く違う環境に身を置いてみるのも悪くないですよ。

以上、生ハム帝国でした。