MovieHacks:動画編集の基礎を抑えYouTubeに特化した動画講座!

動画編集講座、MovieHacks(ムービーハックス)へようこそ!

こんにちは、本講座で講師を務める生ハム帝国(@nhtk21)です。

 

  • 副業で稼ぎたい
  • 動画編集で生計を立てたい
  • 無駄が嫌い

こんな方に向けて作りました。

 

本記事では講座作成者の立場からMovieHacksについて説明したいと思います。

 

▼動画で見たい方はこちら▼

MovieHacks:YouTubeに特化した動画編集講座

動画編集は稼げます

結論、動画編集はかなりコスパよく稼げます。コンビニなど、普通のアルバイトさえ続かなかった僕が何年も続けられているのが証拠です。900円くらいだった時給は2000円を超えるようになりました。

 

ちなみに僕は大学生の内から副業の動画編集で15万円、最大で32万円稼いでいました。学生ならホストにでもならない限り出せない収入額ですよね。

 

当初はサラリーマンとして就職するつもりだったのですが、「年齢や学歴に関係なく収入を上げられる点が自分に合っているな」と思ってフリーランスとして独立し、今に至ります。

 

実際、高校生にして月数十万円稼いでいる人も友人にいますし、MovieHacks受講生の中には17歳の方もいます。

リアルな口コミは#MovieHacksで検索

ブログ記事はあまり信用できないという方はTwitterで「#MovieHacks」と検索してみてください。リアルな感想を見ることができるはずです。

MovieHacks:YouTubeに特化した動画編集講座

MovieHacksで最速ノマド生活

YouTubeの発展、5Gの到来など、動画需要はこれからどんどん増えていきます。当然、それと同時に編集者の需要も高まりますよね。

 

動画編集をいつ始めても「もう遅い」というような事はありませんが、早い方がより先行者利益を受けられます。

 

これはエンジニアなんかも同じですよね。ブームこそ去ったものの、未だにエンジニアは供給不足で高給取りです。僕は今後、動画編集がエンジニアと同じようなポジションになると考えています。

MovieHacksの概要

  • 事前準備
  • カット
  • テロップ
  • 画像挿入
  • SE/BGM
  • 色調補正
  • サムネイル
  • アニメーション
  • キネポ
  • センス
  • 実務
  • YouTubeにおける動画編集の本質
  • お仕事案内所

 

MovieHacksでは単に動画編集を教えるだけでなく、お仕事に関することやYouTubeノウハウを絡めたような本質的なことも教えています。

 

これはYouTubeに特化しているからできたことです。例えばテレビCMとYouTubeでは目的が全く違いますし、サムネイルという概念も存在しません。

MovieHacksのサンプル動画

www.youtube.com

無料公開しているサンプル動画から一部抜粋しました。

ちなみにこのサンプル動画は追加コンテンツ「キネポ編」収録の動画でして、キネティックタイポグラフィーを学びつつ「アニメーションの概念やAfter effects」が学べるようになっています。

応用が効く内容

基本的に講座内容は応用が効くように作られています。例えば本講座で「OPの作り方」を学んでも、「OPしか作れない人」にはなっては意味がありません。

 

受講後に一人前の動画編集者として自立できるよう、自分の力で好きな方向に進められるようカリキュラムを組んでいます。

もっとサンプル動画を見たい方はコチラ

独学のコスパの悪さ

僕はこれまで完全独学で二年間ほど動画編集をやってきましたが、正直後悔しています。ここまでくるのに時間がかかりすぎたからです。

 

もっと早くスキルが身に付いていれば、更に上の段階にいけたのになぁと。タラレバしても仕方ないので、せめて皆さんには僕のように後悔してほしくないと思っています。

 

MovieHacksは「僕がもっと早く知りたかったこと」をコンセプトに作りました。

時間より価値のあるものは存在しません

実際、スキルは独学でも時間をかければ身に付きます。そもそも独学で完遂できない事は存在しません。

 

しかしそれと同時に、時間より価値のあるものもこの世に存在しません。そういう訳で僕は本講座で「いかに最短で初心者から次のステップに進めるか」を重視しています。

質問し放題+添削サポート付き

困ったときはすぐにLINEで質問できるので、途中で挫折することはありません。48時間以内に返答しますので、お気軽に質問して頂けたらなと思います。

 

そして、一方通行に教えるだけではなく制作物に対してのアドバイスなども行っています。「何が良くて何が良くないか」という基準が定まっていない状態で制作するのは不安なんですよね。

受講開始から案件獲得までの期間

www.youtube.com

案件獲得までの期間ですが、受講開始から大体1~2ヶ月で獲得される受講生が多い印象です。

 

この動画でも触れていますが、過去の僕よりも受講生の方が圧倒的に早く、そして良い成果を出しています。嬉しくもあり悔しくもあるという感じですが、これが「独学はコスパが悪い」という事実を表していますね。

他社様との比較

MovieHacksと他社の価格比較表

他社様に比べ、かなりお得になっていると自負しています。

 

受講期間やサポートに制限がない為、忙しい方でも合間に受講することができるのがMovieHacksの特徴。学生から社会人の方まで幅広い世代の方が受講されています。

 

69800円という価格は、他社と比べ安いとはいえ、額面で見ると決して小さいものではありません。

 

しかし、受講後行動すればすぐに回収できます。例えば1本5000円の案件を獲得し、12件編集すればもう回収完了ですね。学習から案件獲得まで早いのがMovieHacksの特徴です。

ソフトの使い方をメインにしない理由

MovieHacksでは流れにそって大体のソフトの操作を教えますが、決して全てのエフェクトを紹介したりはしません。ソフトの使い方であれば教則本で済みますし、検索すれば解決することを教えても仕方ないからです。

 

更に言えば、使い方を全網羅しようとすると深堀してレクチャーすることが出来ないというデメリットが発生します。

YouTubeに特化するメリット

例えば、カットの仕方。はさみツールを選択して、切りたいところでクリック。単純に「カットの仕方」だけであれば、これだけの短文で済むんですよね。

でも、MovieHacksで教えているのはそういう表面的な部分だけではありません。

  • どのようなタイミングでカットすればいいか
  • 何に注意してカットすればいいか
  • 演出を効果的にするにはどうすればいいか
  • どう効率化すればいいか

カット一つ取ってもこれだけ多くの要素があります。そして、これらの中身はひとえに動画編集といってもジャンルによって大きく変化します。

 

皆さんはYouTubeに特化した動画編集をより深く知ることができます。

MovieHacks:YouTubeに特化した動画編集講座

MovieHacksの受講に必要なPCスペック

MovieHacksの受講に必要なパソコンのスペック

最低環境

CPU:Intel core i5

ビデオカード:なし

RAM(メモリ):8GB

推奨環境

CPU:Intel core i7~i9

ビデオカード:なし~RTX2060

RAM(メモリ):16GB~32GB

 

どうしてもPCスペックに不安がある方はAdobeの体験版を試すことをオススメします。一般的なYouTubeなどの動画編集ではビデオカード(グラフィックボード)は必要ありませんが、あると少し作業が快適になります。

 

YouTubeではオススメのノートPCを紹介しているので、ノートパソコンを使いたい方は是非こちらも参考にしてみてください。

受講に必要なAdobeソフトを最安値で買う方法

MovieHacksの受講にはAdobeのCreative Cloudコンプリートプランが必要なのですが、実はアドビ公式サイトから購入すると少し損します。

 

結論、デジハリオンラインにあるAdobeライセンス付きのAdobeマスター講座から購入すると良いです。

より詳しい説明が欲しい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

Adobe CCを安く買う裏技で半額以下に! 

受講前のよくある質問

よくMovieHacksの受講を検討している方から頂く質問をまとめました。もし他にも疑問点がある場合は僕のツイッターのリプライで質問頂ければ回答致します。

Q1.PC購入前に受講しても大丈夫ですか?

MovieHacksは買い切り型で、受講期間に時間制限がある訳ではないのでどのタイミングで購入されても大丈夫です。

Q2.お仕事についてのサポートはありますか?

編集の内容に関するサポートだけでなく、お仕事をとる際の解説動画などもあります。また、そういった営業文やポートフォリオへの添削も行っています。

受講生に向けてお仕事を発注することもあります。

Q3.パソコンの知識がなくても大丈夫ですか?

勿論大丈夫です。

例えば「ドラッグ&ドロップが分からない」というような場合でも個別にサポートしていますのでパソコンに強くない方でも気兼ねなく質問ください。

Q4.Final Cut Proは使えますか?

使えないことはありませんが、学べる部分がかなり少なくなってしまうのでAdobe Creative Cloudへ申し込んだ状態で臨むことをオススメします。

MovieHacks製作者から一言

大学生の時にYouTube投稿にはまって、たまたま巡り合わせで編集のお仕事を頂いたことで今があります。その偶然があるまではまさか動画編集で食べていける世界があるとは思っていませんでした。

 

なんせ一回生の頃は将来を不安に感じながらもゲームしかしてなかったのでw暇な時期に動画編集に出会えたのは本当にラッキーだったと思います。

 

そんな経験から、ぜひ動画編集のコスパの良さを皆さんにも知って欲しいと思い発信活動を始めました。

僕は動画編集のマンツーマン指導も行っていたのですが、時間を合わせられないほど忙しい人がいることを知りました。社会人は帰宅時間が不規則なのでどうしても難しいんですよね。

 

そこで、「独学する時間のない人の為に内容を凝縮しよう!」と思って作ったのがMovieHacksです。無駄な事をしたくない方、好きな時間、ペースで学習したい方にオススメの講座となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です