動画編集者が仕事を探す方法4選

こんにちは、生ハム帝国です。

 

動画編集者として3年ほど活動している者です。

 

今回は

BUTA

動画編集の仕事ってどこにあるの?取り方が分からない…

といった悩みを解決していきます。

 

未経験の方はお仕事が見つかるのか不安だと思います。でも、慣れてしまえばそんなに難しいことでもありません。

 

まずはその方法を知るところから始めていきましょう。

動画編集者の仕事の取り方(在宅)

都会であれば常駐型の案件もあるのですが、基本的に在宅の案件の方が多いのでそちらをメインに考えていきます。

クラウドソーシングサイトで応募する

クラウドソーシングサイトは発注者と受注者を直接つなげるサービスです。メルカリのお仕事版と考えると分かりやすいかと。

 

テスト動画を編集してから合否を伝えられるものから、電話するだけで面接が完了するものまであり、案件の求められるクオリティや単価もピンキリです。

一例ですが、上記がクラウドソーシングサイトです。一応Indeedはクラウドソーシングの分類に属さないみたいですが、細かいことは気にしないでOK。取れる案件の種類は特に変わりません。

 

クラウドソーシングサイトでは簡単な仕事が多めなので初心者ほど利用することになるんじゃないかなと思います。

 

SNS

SNSで仕事を獲得する方法には2パターンあります。

クライアントからオファーをもらう

最近だとTwitterなどSNS経由で案件を獲得する例も珍しくありません。クライアントの方からダイレクトメッセージでオファーすることもよくあります。

 

もちろん、SNSで投稿しているだけでお仕事がくる、というほど簡単な訳ではありませんが、発注者に向けて呟けば必ず反応がもらえます。余力があれば積極的にSNSで発信していきましょう。

 

僕は現在Twitterフォロワー数が1万人以上いるのですが、定期的にお仕事の御依頼を頂きます。ただ、これは1000人くらいの頃からあったことなので、必ずしもフォロワー数が多くないといけないというようなものでもありません。

自分から営業をかける

これからYouTubeを始めようとしている人がどんどん増えてきています。彼らに営業をかけてサポートしましょう。

  • ブロガー、アフィリエイター
  • 社長
  • 弁護士など仕業系

例えば上記の人たちは「YouTube始めたいけど中々踏ん切りがつかない…」みたいな人が沢山います。

 

営業すると晒されたり嫌われることもありますが、本来営業というのは嫌われる行為です。臆せず突撃しましょう。

YouTuberや企業がTwitter上で案件の募集をかけていることがたまにあります。随時チェックするようにしましょう。

オフライン営業

コミュニケーション能力に自信がある方はオフラインの場の方が簡単にお仕事を獲得できるかもしれません。

 

なぜかというと、動画編集者はコミュニケーション能力が低い方が多いからです。というか、僕がそうです。

企業に営業をかける

例えば知り合いの経営者の方に声をかけてみるとか、色々方法はあります。と言っても「知り合いに経営者なんていねーよ!」という人の方が多いでしょう。分かっておりますとも。

 

王道な営業でいうと、しっかり企業にメールでアポを取り、作成した資料をもってプレゼンしに行くという方法がありますね。

 

ちなみに、動画編集者で飛び込み営業をしている例は聞いたことがないです。(根性を買って発注してくれる会社は絶対いると思いますが、成約率は低いかも。)

オンラインサロンのオフ会に顔をだす

営業というほどでもないかもしれませんが、オフラインの集まりに顔を出すと雑談の流れからお仕事に繋がることがあります。これ割とあるあるなんですよね。

 

これ狙いでオフ会に行く人もいるくらいです。やっぱりお互いの顔が見えている状態でコミュニケーションをとると信頼関係が生まれやすいんですよね。穴場。

 

僕はリアルでのコミュニケーションがあまり得意ではないので営業目的でオフ会に参加することはありませんが、それでもお仕事をお願いしたいと言って頂けることがあります。

Indeedがオススメ&使い方を簡単に説明

個人的にはIndeedがオススメで、理由は単純に良い案件が多いと感じたからです。

 

開けば誰でも使い方が分かるかもですが、一応使い方も解説しますね。

Indeedの使い方

実際に使う手順を画像付きで解説していきたいと思います。。

 

まずはIndeedのサイトを開きましょう。

動画編集の仕事にオススメなIndeedのトップページ

とりあえず「動画編集」と検索しててどんな案件があるのかざっくり見るのが良いと思います。

Indeedで動画編集と検索した結果

動画編集とは関係なさそうな案件も混じってますけど、大体こんな感じです。

 

このままだと正社員やらバイトやら色々混じっちゃって分かりにくいですね。

 

画面左にあるバーの「業務形態」から自分が望むものを選択して絞り込んでください。

Indeedで動画編集の仕事を探す方法

僕は家で仕事するのが好きなので今回は「業務委託」で絞り込みをかけます。所謂フリーランスと呼ばれるものです。

Indeedで動画編集、業務委託の仕事を探す方法

絞り込んでみると、こうなりました。簡単に出来る案件から高度な技術が必要な案件まで幅広くありますね。

 

後は自分の好きな案件を選ぶだけ。

案件に応募+ココナラで待ちの営業がオススメ

上記のように自分からガンガンアプローチするのが攻めの営業とするなら、守りの営業もあります。

 

例えばココナラの場合は自己紹介文をしっかり作っていれば向こうからお仕事がくる状態を作ることができます。

 

  • クラウドソーシングで自ら営業
  • ココナラでポートフォリオを置いて営業

 

上記をセットで行うと案件獲得が捗りますよ。

 

案件の質はピンキリなので、とにかく良い案件に当たるまで行動するのが吉です。

仕事に困らない動画編集者の特徴

お仕事を取れずに困っている人っていますよね。

 

その逆で、オファーが多すぎて仕事が受けきれなくて困ってる人もいます。ちょっと不思議ですよね。

仕事に困らない人は「当たり前」ができる

  • 連絡が早い
  • 仕事が丁寧
  • 指示以上の事をやってくれる

上記が全てです。割と当たり前の事しか書いていませんが、ほとんどの人が出来ていません。

 

現状、これが出来るだけで仕事に困ることはないはず。

 

加えて、かなりの確率でお仕事が継続案件になります。オファーがあるたびに抱える案件が増えていくので、だんだん抱えきれなくなってくるんですよね。嬉しい悲鳴です。

 

手が足りなくなった場合はディレクターになりチームを運営しましょう。オファーを取りこぼすことなく受けることができます。

ディレクターになるための教科書

とにかく行動しよう

とにかく、行動しないことにはお仕事は手に入りません。

 

オフライン営業は苦手だという方はまずクラウドソーシングサイトを利用してみるといいと思います。

 

簡単なお仕事からでもいいので、「動画編集でお金を貰う」という感覚を当たり前にしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です