フリーランスなら無料の保険でリスクヘッジすべし!

フリーランスの皆さん、保険に入ってますか?

こんにちは、生ハム帝国です。

今回は無料で保険を受けられるFreenanceというサービスを紹介していきたいと思います。

BUTA

え、なんで保険に入らないといけないの?

と思ったあなた、ある意味ラッキーです。早く読み進めましょう。

フリーランスに保険が必要な理由

そもそも何故保険が必要なのか説明しますね。

結論から言うと、フリーランスはミスると死にます。これは冗談とかではなく。

フリーランスは一つのミスが命取りになる

  • 納期に遅れた
  • 案件でミスを犯した
  • 著作権を侵害し、訴えられた

例えば上記のような事が起こるとします。注意されるだけで何も起こらない場合もありますが、中には実損が発生する場合もありますよね。

 

クライアント「あなたのミスで400万円分の損害がでました。」

 

で、その損害の穴を埋めるのは誰か?僕たちです。もちろん現金で支払わないといけません。皿洗いでは済まされません。契約内容にもよりますが、大抵こういうのはやらかした人が払うものです。

 

少額であればまだ良いですが、その額は数百万、数千万円に昇ることもあります。払いたくないですよね…?

そんなことが自分に起こるわけがない?

賠償請求されることなんて確率で言うと本当に稀です。ただ、その稀に自分が当たってしまったら?その時にはもう遅いんですよね。

「稀」のために備えるのが保険です。

 

ちなみに、僕がお仕事をお願いする方には必ずフリーナンスの加入を要請しています。何かがあってからでは対処できないからです。

Freenanceなら無料で保険に加入できる

そんな時に肩代わりしてくれるのがフリーナンスの「あんしん補償」です。

  • 永年無料
  • 損害賠償保険自動付与
  • 5000万円まで補償

簡単に特徴を説明すると上記。補償額以内なら自分はお金を払わずに済むということです。

フリーランスの請求書を即日払い【FREENANCE】

Freenanceは信用できるの?

あまりに都合の良い話なので、僕も当初はこのサービスが詐欺か何かなのではないかと疑っていました。

が、フリーナンスを運営しているのがGMOという有名会社なのでひとまず安心かなと。

即日払いサービスもあります

他には、請求書を提出すればクライアントの代わりにフリーナンスが即日で報酬を振り込んでくれるというサービスもあります。

よっぽど切羽詰まってない限り使わなさそうですが、面白いサービスですよね。

※即日払いは手数料が数%かかります

有料保険ならフリーランス協会

フリーナンスと似たようなサービスで、「フリーランス協会」というものがあります。

  • 年会費1万円
  • 賠償責任補償自動付与
  • 1億円まで補償

他にもコワーキングスペース用のクーポンなど、ちょっとした独自優待がたくさんあるのが売りですね。

 

個人的には賠償責任さえあればOKですが、そういった独自優待に魅力を感じた方は是非加入してみてください。

フリーランスの保険まとめ

  • 無料で保険に入りたい
  • 不要な特典はいらない

上記に当てはまる方は【FREENANCE】 がオススメで、僕はこちらに加入しています。

  • 頻繁にコワーキングスペースを利用する
  • 特典がたくさん欲しい
  • 有料でもなるべく高額な補償がほしい

上記に当てはまる方はフリーランス協会がオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です